トップページへ
プロジェクトの内容
CG制作メンバーの紹介
CG画像集
MOVIE
QRコードマップ
活動履歴
新聞記事・報道
リンク集・お問い合わせ

藤原京の概要

 

藤原京は天武天皇時代に計画されるがその没後、持統天皇の時、694年に以前の都「飛鳥浄御原宮」から遷都した我が国始めての条坊制(平城京・平安京のような碁盤の目状の配置)による都城である。

藤原京以前の都城は、天皇一代ごとに新しい都を作り、遷都するのが慣わしになっていたが、この藤原京からは何代かの天皇が使えるように恒久性を考えて作られるようになった。ちなみに藤原京では持統、文武、元明天皇の三代で十六年間、国の中心の都として使用された。

京全体は約5キロメートル四方(大藤原京説による)を碁盤目状に区切った作りで、その中心付近約1キロメートル四方に皇居と政務や儀式を行うための場所に当たる藤原宮が存在した。宮が京のほぼ中心にくる作りは、モデルにしたとされる長安城にはなく、むしろ洛陽城を手本としたとされる説もあるが、669年以降、遣唐使が中断された為の情報不足によるものとする説もある。

中国の都では戦争に備えて都の外周を城壁で囲んだが、藤原京の外周は外堀と大垣だけで守られていた。

藤原宮
Copyright 藤原京CG再現プロジェクト. All rights reserved.