附属機関(センター)

サポート体制

学生支援センター

センター紹介

奈良産業大学学生支援センターは、平成21年4月に設立されました。現在、杵崎センター長を中心にビジネス学部・情報学部の先生と事務室の職員で運営されています。当センターは、本学学生の「心・身体・学び」を支援すべく日々活動をしています。「困ったな。どうしよう。」と思ったとき、「どこに相談したら良いか判らないとき」 そんな時は、まず、学生支援センターを訪ねてみてください。学生支援センターはみなさんの訪問をお待ちしています。

サポート内容

当センターは、分野を横断した幅広い学生相談の場を提供するとともに、身体のことについては年度当初の健康診断や体調が悪いときの相談等にものっています。
また、当センター以外の先生による自主勉強会もやっていて、授業等で分からない事があれば、質問に答えてくれるので、どんどん利用してください。

利用可能時間

平常 月曜日~金曜日 8:30~16:30
土曜日 8:30~13:00 (除、日曜・祝祭日・大学休業日)
臨床心理士による学生相談は、予約制(原則として週1回X50分)にて行っています。詳細は、学生支援センター事務室までどうぞ。

スタッフについて

杵崎学生支援センター長、ビジネス学部より先生2名、情報学部より先生2名(内1名は臨床心理士)、事務職員5名(内1名は保健室担当)

センター長からのメッセージ

大学は学びの場です。だから授業に出て学ぶことが基本。と同時に、友人を作ったり、サークル活動をしたり、趣味やバイトなどの体験や交流を通して、新しい“出会い”を得る場とも、社会へ向かう人間として成長していく場とも言えます。この大学生活を豊かにして、これまで自分でも気がつかなかったような新たな自分を見つけてください。
でも、戸惑うこと、悩むこと、どうしてよいか分からないことも出てくるかと思います。そんな時は学生支援センターを訪ねてみてください。そこはきっと、くつろげる場、やる気や勇気を生み出す場、問題解決の場になるでしょう。君たちが有意義な学生生活が送れるよう学生支援センターは応援しています。