少年宇宙教室

2011年度の教室は、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。多数のご参加、まことにありがとうございました。

■ 奈良産業大学 情報学部教員による体験型科学教室です(全3回)


● 主たる対象は小学生とその保護者ですが、中学生以上、一般の方の参加も歓迎いたします。
(小学生のみでの参加は出来ません。)

● 3回の教室はそれぞれ1回のみでも参加いただけます。

主催:奈良産業大学 情報学部

後援:三郷町教育委員会

助成独立行政法人 科学技術振興機構(平成23年度 科学コミュニケーション連携推進事業:企画No.2300217)


● 案内チラシ・ポスターはコチラをご覧下さい。

● 奈良産業大学までの道順はコチラをご覧下さい。



第1回「太陽系たいようけい惑星わくせいをさぐる」

日時:2011年8月7日(日)13:30〜16:30

場所:奈良産業大学(奈良県生駒郡三郷町)

講師:向井厚志(奈良産業大学 情報学部 教授)

定員:40名(参加申し込み先着順)

● わたしたちの太陽系たいようけいには、地球ちきゅうをはじめ、金星きんせい木星もくせい土星どせいなど、さまざまな惑星わくせいがあります。 たとえば、地球ちきゅう木星もくせいでは、大きさは10ばいちがい、おもさは300ばいもちがいます。金星きんせい海王星かいおうせいとでは、温度おんどは600以上いじょうもちがいます。
アメリカのボイジャー計画けいかくなど、太陽系探査機たいようけいたんさきによってわかったさまざまな惑星わくせいのすがたを見たり、 惑星わくせいの大きさのちがいやおもさのちがいを体感たいかんできる実験じっけんをします。

当日の活動の模様


第2回「もう一つの地球ちきゅうをさがす」

日時:2011年8月20日(土)13:30〜16:00

場所:奈良産業大学(奈良県生駒郡三郷町)

講師:中尾泰士(北九州市立大学 基盤教育センター 教授)

定員:40名(参加申し込み先着順)

● 1990年だい以降いこう太陽系たいようけいの外に惑星わくせいが500以上いじょう見つかり、太陽たいよう以外いがい恒星こうせい惑星わくせいをもつことがわかってきました。
そのような遠くの星をまわる惑星わくせいをどのようにして見つけるのか、 食検出法しょくけんしゅつほうと、位置天文学法いちてんもんがくほうという2つの方法ほうほうを、実験じっけんを通して学びます。
また、水のある惑星わくせいはあるのか?生きもののいる惑星わくせいはあるのか?をかんがえます。

当日の活動の模様


第3回「太陽系たいようけいのはての星をさがす」

日時:2011年10月16日(日)10:00-12:30 (当日は本学学園祭の開催日です)

場所:奈良産業大学(奈良県生駒郡三郷町)

講師:嶋田理博(奈良産業大学 情報学部 准教授)

定員:40名(参加申し込み先着順)

● 1990年だい以降いこう海王星かいおうせいより遠くにある太陽系たいようけい天体てんたいが1000以上いじょう見つかっています。それらはすべて月よりも小さな天体てんたいです。
そのような小さくて遠くにある天体てんたいをどのようにして見つけるのか、太陽系たいようけい外縁がいえんのようすはどうなっているのか、 冥王星めいおうせいはどうして惑星わくせいから外されてしまったのか、実際じっさい観測かんそくデータにふれながら、体験たいけんを通して学びます。

当日の活動の模様


● 2010年の科学教室の模様はコチラ

● 2009年の科学教室の模様はコチラ

● 2008年の科学教室の模様はコチラ