少年宇宙教室

■ 奈良産業大学 情報学部教員による体験型科学教室です


● 主たる対象は小学生とその保護者ですが、中学生以上、一般の方の参加も歓迎いたします。
(小学生のみでの参加は出来ません。)

主催:奈良産業大学

後援:三郷町教育委員会

2012年度の教室は、おかげさまで盛況のうちに終了いたしました。多数のご参加、まことにありがとうございました。


第1回 「300年ぶりの天文てんもんショー 金環日食きんかんにっしょくを見よう」

日時:2012年5月19日(土)13:30〜16:00

場所:奈良産業大学(奈良県生駒郡三郷町)

講師:嶋田理博(奈良産業大学 情報学部 准教授)

定員:50名(参加申し込み先着順)

金環日食きんかんにっしょくって、どんなふうに見えるの?

日食観測用にっしょくかんそくようのサングラスを作ってみよう。

太陽望遠鏡たいようぼうえんきょう使つかって、太陽たいよう黒点こくてんやプロミネンスを観察かんさつしてみよう。

当日の活動の模様


第2回 「惑星わくせいはなぜまよう? 惑星わくせい逆向ぎゃくむきにうごくワケ」

日時:2012年8月4日(土)13:00〜16:00

場所:奈良産業大学(奈良県生駒郡三郷町)

講師:向井厚志(奈良産業大学 情報学部 教授)

定員:50名(参加申し込み先着順)

惑星わくせいはどうして星座せいざの中をうごいて見えるのかな?

火星かせいうごきをかんがえてみよう。

火星かせいうごきが分かる模型もけいを作ってみよう。

当日の活動の模様


第3回 「ココはドコ? 宇宙うちゅうからの信号しんごう位置いちる」

日時:2012年8月11日(土)13:00〜16:00

場所:奈良産業大学(奈良県生駒郡三郷町)

講師:中尾泰士(北九州市立大学 基盤教育センター 教授)

定員:50名(参加申し込み先着順)

地図ちずはどうやってつくるのかな?

携帯電話けいたいでんわ自分じぶん居場所いばしょがわかるのはどうして?

衛星えいせい「みちびき」でどんなことができるの?

当日の活動の模様


● 2011年の宇宙教室の模様はコチラ

● 2010年の宇宙教室の模様はコチラ

● 2009年の宇宙教室の模様はコチラ

● 2008年の宇宙教室の模様はコチラ