学部・学科紹介

ビジネス学部

ビジネス学部

ビジネスは現代社会を読み解く重要なキーワード。
変化の激しいビジネスシーンで活躍できる幅広い知識と応用力のある人物を育てます。

  • Point.1入学から卒業まで
    学生をサポートする
    マンツーマン体制
    個に応じたサポートを用意しています。入学直後の短期集中型サポートと、4年間一貫して行われる長期型のサポートで学生を支援します。入学直後に、大学生活の基本からの支援をする導入教育や、学生一人に複数の教員がサポートする「アドバイザー制度」など、丁寧に教育するマンツーマン体制を用意しています。
  • Point.2各分野の専門性を高める
    「プロジェクト演習」
    「プロジェクト演習」は、自分の興味のある専門分野を理論と実践を通じて少人数で検証する授業です。これには、理論中心の座学型学習と体験型学習の2タイプがあり、多彩なラインアップを用意しています。卒業後、その道のスペシャリストとして活躍できる実践力、企画力、協調性などを養います。
  • Point.3卒業後を意識した
    カリキュラム体制
    1・2年次で、ビジネス学の基本的知識や各コースの基幹科目を学び、3年次以降で卒業後の進路に合わせた発展科目を学びます。公務員や税理士などの専門職を目指す学生を支援する資格支援講座「専門職養成支援プログラム」も用意しており、専門学校と提携したダブルスクールを実践しています。

コース

ビジネス学部には「経営コース」「マーケティングコース」

経営コース、マーケティングコース、会計コース、公務員コースという4つのコースを設けており、経営コースでは管理(マネジメント)の視点から、マーケティングコースでは販売と消費の両方の視点から、会計コースではお金の流れと言う視点から、公務員コースでは公務員になる視点から、それぞれビジネスのあり方を学びます。

目指せる資格

  • 税理士
  • 公認会計士
  • 公務員
  • 消費生活アドバイザー
  • 日商販売士検定
  • 日商簿記検定
  • 日商PC検定データ活用
  • 日商PC検定文書作成
  • 司法書士
  • TOEIC
  • JFAキッズリーダー
  • JFA公認C級コーチ
  • 行政書士
  • ファイナンシャル・プランニング技能士検定
  • 高等学校教諭免許状(公民・商業)
  • 中国語検定

専門職養成支援プログラム

大手専門学校と提携 -受講料無料+学費給付

対象資格 税理士資格、消費生活アドバイザー資格、司法書士資格、行政書士資格、公務員試験合格(公務員、警察官、消防官)

プログラム概要

大手専門学校と本学部教員によるダブルサポート体制
平成23年度から本学ビジネス学部において、専門職養成支援プログラムを開講しています。このプログラムは、社会に即戦力として役立つ専門職の資格取得を志望する学生のために、通常の授業以外に必要な学習を、本学専任教員(コーディネーター教員)の個別サポートと大手専門学校(主として大原簿記専門学校)の開講プログラムを通じて指導するものです。
※本プログラムで取得を目指す資格は、税理士・消費生活アドバイザー・司法書士・行政書士・公務員(警察官・消防官/地方・国家公務員)です。
なお、専門学校等で開講される受講料の負担はありません。
アドバイザーとコーディネーターによるダブルサポート体制
本学では通常授業内で、演習担当教員によるアドバイザー制を採用しており、入学から卒業までの間、学生をしっかりサポートしています。さらに、コーディネーター制を新たに採用し、アドバイザー教員と共に専任のコーディネーター教員が本プログラム受講者を個別に学習サポートします。こうしたダブルサポート体制によって、学生の資格取得支援に本学部教員が積極的にかかわって全面バックアップする点が本プログラムの大きな特色です。

資格取得支援

ビジネス系検定講座  -受講料無料+合格後、学部単位として2単位認定

ビジネス系検定講座には2種類あり、秘書技能検定講座とビジネス能力検定講座で、いずれも学生が就職活動の際や社会人になってから様々なビジネスシーンで役立つ内容です。

両講座とも就職対策講座や資格講座支援で活躍される専門の講師を迎え、1ヶ月~1ヶ月半後に実施される検定試験の合格を目指しています。費用面で学生に負担がかからないように配慮し、授業料やテキスト代は学部で負担します。

資格取得支援

・秘書技能検定
服装や言葉遣いなどビジネスマナーの基本を学びます。知名度がある資格で男女を問わず、就職前に取得したい講座です。
・ビジネス能力検定
ビジネスの基本をトータルで学ぶことができます。新入社員に取得させる企業も多いので就職に有利です。

将来の進路

経営コース
  • 起業家
  • 第2創業者
  • 事業後継者
  • NPO起業家
  • NPO職員
  • 企業法務担当者
  • 民間企業社員(人事、総務担当)
  • 秘書
  • 高等学校教員(公民・商業)

など

マーケティングコース
  • 商品開発担当者
  • バイヤー
  • 広報業務担当者
  • 営業のプロ
  • マーケットリサーチャー
  • 消費生活アドバイザー
  • 商社マン
  • 高等学校教員(公民・商業)

など

会計コース
  • 税理士
  • 公認会計士
  • 経理部門担当者
  • ファイナンシャル・プランナー
  • 銀行員
  • 財務部門担当者
  • 高等学校教員(公民・商業)

など

公務員コース
  • 自治体職員
  • 裁判所職員
  • 警察官
  • 消防官
  • 司法書士
  • 行政書士
  • 企業法務担当者
  • 高等学校教員(公民・商業)

など

カリキュラムポリシー

Policy1
豊かなマネジメント発想力とリーガルマインドを兼ね備えたビジネスパーソンの養成を目指し、カリキュラムを編成する。
Policy2
進路を具体的に想定したコース(経営、マーケティング、会計、公務員)を設定し、コース毎に、基礎科目から基幹科目そして発展科目へと段階的に学習できるように科目を構造化する。
Policy3
ビジネス関連の専門知識に裏付けられた実践力を修得できるように、初年次教育、プロジェクト演習、キャリア教育の科目を配置する。

ディプロマポリシー

ビジネス学部は、以下に示すいずれかの能力を身につけた学生に対して、学士(ビジネス学)の学位を授与する。

Policy1
4つのコース(経営、マーケティング、会計、公務員)が想定している職種・業種で必要とされる知識と実践力を有し、創造的に仕事に取り組むことができる。
Policy2
資格取得を必要とする専門職に就いて社会で活躍できる。
Policy3
卒業後の様々な働き方(民間会社、自治体、NPO等)の意義について理解を深め、社会及び地域に積極的に貢献できる。