テキスト ボックス: 食料供給のあり方そのものが問われる中、「農業」にかかわる人びとも変化の方向を模索しています。
安全・安心と生産物の適正価格をキーワードに自らの力で販路を開拓する人びと、後継者育成に力を注ぐ人々、体験農園・グリーンツーリズムなど、都会に住む人々が感じる農業のエンターテイメント性に注目して新しいビジネス展開の可能性を模索する人びとなど、新しい農業の方向性を模索する奈良県内の農園を訪ね、農業の実情や生産者としての思い、将来への展望について、農作業体験を交えながら学んでいます。

農業体験から新しい農業の方向性を学ぶ

農園訪問

奈良産業大学ビジネス学部

地域貢献プロジェクト

育苗ハウスにて。この日は雨にもかかわらず、農園主自ら、農業の未来について語ってくださいました。(宇陀市 類農園

テキスト ボックス: 西吉野の柿園。選定—>摘蕾—>摘果 といった柿の栽培作業を体験させていただきました。西吉野地域は柿の栽培が盛んな地域です。中でも五條市は柿の出荷高全国一を誇ります。(五條市 農悠舎王隠堂農園)