ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2011-12-17 (土)
cl.both
第3回日本語スピーチコンテストを開催しました

一般留学生、特別聴講生らよる、日本語スピーチコンテストを開催しました。
壇上に上がったのは、応募のあった55人の中から、最終選考に残った15人です。
日々の生活の中で感じた日本と中国の違いや自身の目標、両親への感謝の気持ちなどを、日頃学んだ日本語力を駆使し、披露してくれました。

題目は「私から見た日本語のコミュニケーション」「小さなできごと-私と読売新聞-」など様々です。審査結果は午後の留学生交流会で発表され、優秀賞1人、準優秀賞4人が表彰されました。
優勝した特別聴講生の沈雪梅さんは、日中間にあるコミュニケーション不足の問題を指摘。双方を知る自分たち留学生を、両国をつなぐ小舟に例えた「小舟になりたい」を発表し、高い評価を得ました。

審査委員長の植田均国際交流センター長は「私たちが普段あたりまえにしている事が、他国からは奇異に見える事もある。留学生たちはそれらを、実体験を通して感じ、発表してくれた。とても迫力ある、すばらしいコンテストだった」と総括。優勝した沈雪梅さんについては「内容はもちろん、話し方、間の取り方も見事だった」と評価しました。