ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2011-08-17 (水)
cl.both
東日本大震災ボランティア活動の報告をします

本学、帝塚山大学、奈良文化女子短期大学の学生及び教職員で構成されたチームで、8月12日(金)から8月15日(月)にかけて、ボランティア活動を行ってきました。

13日現地に入り、がれき撤去の作業場所へ移動する中で、港近くになると、震災から5ヶ月以上も経過しているのに、未だに町の通りに漁船が打ち上げられたままの状態や、1階部分が空洞で傾いた家がそのまま残っていたりしていて、まるで爆撃を受けた戦場のような有様でした。
作業は田んぼの中に流されてきた、飲料自動販売機や自転車、本棚、丸太、家の木材、本棚、網戸などを一つひとつ手作業で泥の中から撤去して分別していくものでした。真夏の午後、非常に暑い中、マスクはしているものの、ヘドロのにおいのする中でも学生たちは熱心に作業を行ってくれました。その中で中学校の卒業証書や結婚式の記念写真など、思い出の品も見つけることができ、ボランティアセンターへ届けることができたことが喜びの一つでした。
翌14日は、今夏の集中豪雨で水害被害を受けた福島県の奥会津の金山町へバスで移動し、水害のため土砂に埋もれた村の神社の片付け作業を行いました。社を傷つける恐れがあるので重機が入れない部分の土砂をスコップで取り除き一輪車で捨てに行くという作業で、夕方までには社の階段や周りの石垣があらわれるまでとなりました。
この日も非常に暑い日でしたが、自分たちの作業の結果、神社としての姿を取り戻していく喜びを感じることができました。夕方、作業終了後、バスで帰路につき、8月15日の早朝、無事奈良に到着しました。