ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2011-06-17 (金)
cl.both
学外見学inならまちを行いました

本学ビジネス学部Ⅰ回生の中国人留学生を対象に6月17日、「学外見学inならまち」を行いました。環境保全と観光について学び、自国の観光資源の保全やビジネスに役立てられるようにと、奈良町物語館を訪れ、"ならまち"を通してまちづくりについて考えました。

初めに「奈良まちづくりセンター」の室雅博理事長から、センターが発足したきっかけや行政上では存在しない"ならまち"の経緯、市民による公益活動のまちづくりについて説明を受けました。室理事長は「まちづくりは終わりのない永遠の実践活動」と初代理事長の言葉を紹介し、目指すものは皆でまちづくりを考え地域を活性化することで、市民だけではなく行政とのよい関係を保つことも大切だと学生たちに伝えました。

続いて、同センター副理事長の岩本廣美・奈良教育大学教授の案内で、元興寺周辺のならまちを歩き「ならまち格子の家」を見学しました。昔の知恵や工夫が生かされている町屋や、新築並みの費用をかけて補修した重文指定の藤岡家住宅を見て、保全しようとする人々の気持ちを考える機会を得ました。

熱心に話を聞いていた李成浩さん(Ⅰ回生)は「初めてならまちを訪れました。特別な建築方法やならまちの政策の話から、"守る"という人々の強い気持ちを感じました。将来、中国語、韓国語、日本語、英語を生かして、アジアを中心に環太平洋地域とアメリカをつなぐ貿易ビジネスにたずさわりたい」と目を輝かせていました。