ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2011-06-04 (土)
cl.both
公開講座 第2回「王寺町りーべるカレッジ」を開催しました

今回は第1シリーズ「スポーツの位置づけ」の2回目、地域公共学総合研究所の岡部修一教授が『生涯スポーツとしてのゴルフ』と題して講演されました。

講演は『ゴルフはスポーツ?それとも遊び?』という基本的な疑問から入り、「ゴルフは大きな筋力やパワー、持久力の必要がなく、これらの『鍛錬』という意味では大きな効果の期待できないスポーツであるとも言えるのだが」と話した後に、「しかし老若男女誰でも一緒に、いつでも始められ、また頭脳性が高く勝負の醍醐味を味わうことができるスポーツである」と説明しました。

続いて厚生労働省が提唱する『運動健康法』が目指す「心身とも健康な生活」に近づく方向性として、年齢に応じたトレーニングによって肉体を老化させないように維持するためには、ゴルフの特性が非常に適していると話しました。

また中高年にとって適した運動の基本条件「のんびり」「ゆっくり」に、ゴルフコースのアップダウンは絶好のウォーキングコースであり、乗用カートを利用すれば無理がなく、クラブの素振りは体を回転させることで体幹を鍛えるトレーニングにもなり効果的な運動を行うことができると解説しました。

そして仲間とのコミュニケーションを図り、さまざまなコースへ出かけて楽しめる『大人の遊園地』であると結びました。

講演の締めくくりとして、参加者が10問のゴルフに関する雑学『ゴルフ トリビア』に挑戦、ゴルフ発祥の国や、国内のゴルフ場の数など、「なるほど・・」と興味深く取り組んでいただきました。