ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2011-05-15 (日)
cl.both
剣道部の井関君が全国大会へ出場を決めました

「第五十九回関西学生剣道選手権大会」は5月15日、大阪市の舞洲アリーナで行われ、本学から前田悠太君(三段・ビジネス学部3回生)と井関蓮君(三段・ビジネス学部2回生)が出場しました。井関君は昨年に引き続きベスト32入りを果たし、来月7月3日に大阪府立体育館で開催される「第五十九回全日本学生剣道選手権大会」への切符を手にしました。

井関君は2回戦から出場し、関学大の谷選手と対戦しました。相手に打たせない剣道を繰り広げながら延長にもつれ込み、最後は相手の反則があり粘り勝ちしました。3回戦は立命館大の谷口選手と竹刀を交え、お互いに相手の隙を狙いながら延長で面が決まり勝利、ベスト32入りを果たしました。

昨年に果たせなかったベスト16入りで東西対抗試合の候補者に名乗りを上げたかったのですが、京産大の川上君と対戦した4回戦では、相手の勢いにのまれた試合となりあと一歩及びませんでした。井関君は「負けられない試合だったが、緊張して自分の剣道が出来なかった。全日本ではまず1回戦を突破できるよう今日から練習する」と話しました。

一方、主将の前田君は部内選考会で意地を見せ今大会に出場しましたが、甲南大の米田君と対戦し健闘したものの惜しくも敗退しました。

試合終了後に千喜良剛・監督は「前田君は主将として、また井関君は昨年以上の成績を収めなければというそれぞれのプレッシャーと戦いながら、強豪との組み合わせにも関わらずよく頑張った。二人とも来年に期待する」と語りました。