ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2011-05-06 (金)
cl.both
硬式野球部が2011春季リーグで優勝

近畿学生野球連盟の2011春季リーグ戦(Ⅰ部リーグ)第4節第4日が5月6日、豊中ローズ球場=大阪府豊中市=であり、本学の硬式野球部は大阪市立大学を8対4で制し、8勝1負の勝ち点4を上げて4季連続31回目の優勝に輝きました。来月7日から12日まで開催の「第60回全日本大学野球選手権記念大会」(神宮球場、他)へ出場します。全国大会へは2年連続15回目の出場です。

後攻で始まった1回裏、出塁するとすかさず足を使った攻撃を開始して二塁盗塁を成功させ、有山選手のライト前ヒットで先制点を上げました。2回裏にも2ベースヒットに送りバント、スクイズを成功させ、相手のエラーも重なり2点を追加しました。

6回表で2点を取られたものの裏の攻撃で打線が爆発、フォアボールで出塁するとサード強襲打、ライト前ヒット、相手のパスボールなどで一挙に5点を上げ計8点を奪いました。ピッチャーは先発の橋詰投手に続き、今岡投手、金田投手とつないで、前回の試合でねん挫したエースの河津が9回表に登板、2点を失ったものの投げ切りました。

試合終了後、三木孝廣監督は「点差以上に神経を使った試合だった。打てるチームではなくピッチャー中心の守りのチームなので、よく打ってくれた」と語り、残り2試合を全勝して勝ち点5で全国へ行くぞと選手たちにゲキを飛ばしました。