ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2010-10-25 (月)
cl.both
奈良朱雀高等学校の生徒を迎えて高大連携授業を行いました

奈良朱雀高等学校情報ビジネス科の1年生40名と2年生39名を迎えて、高大連携授業が行われました。

開講式では、大原荘司情報学部長から「世の中は情報で動いています。ものづくりの国を担うみなさんに、まっすぐな気持ちで成果をあげていただけるような体験をしていただきたい」と挨拶がありました。

1年生は午前に上村俊二客員教授の指導のもと「MIDI」の講義を体験しました。「夜空ノムコウ」を題材に、さまざまな楽器やリズムで個々にアレンジし、オリジナリティあふれる作品に仕上げていきました。また午後からは杵崎のり子教授による「Visual Basic」の講義があり、プログラムの種類や言語について学んだ後、実際に「占いのプログラム」制作に挑戦しました。

2年生は午前の講義で、嶋田理博専任講師の指導のもと、Flashで歩くアニメーション制作に取り組みました。YouTubeの画面の再生、停止動作にもFlashの技術が活用されて用いられていると説明を受け、生徒たちも一段と興味をひかれたようでした。午後からはIllustratorを使用した名刺作りを蟻川浩専任講師の指導で行い、ロゴ制作に挑戦しました。

それぞれの講義では、本学の学生がアシスタントとしてアドバイスを行い、生徒たちから積極的に質問をする様子もうかがえました。講義終了後には、ロビーで学生たちが研究している、SunSPOTでラジコンを作る『ラジコン制作プロジェクト』の実践デモが行われ、センサーを使って動かすラジコンカーの操作などの体験がありました。

「こんな授業をもっと受けてみたい」と話す生徒が多く、ふだん高校では体験できない内容の講義を受け、コンピュータへの興味や楽しさを学んだ一日となりました。