ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2010-05-19 (水)
cl.both
近畿学生野球連盟 2010春季リーグ戦 1部リーグ 優勝

野球部が近畿学生野球連盟主催の2010春季リーグ戦1部リーグで見事優勝し、6月8日から東京ドームと明治神宮球場で開催される全日本大学野球選手権大会への切符を手にしました。

1部リーグは大阪の南港中央球場で行われ、8勝1敗で迎えた阪南大学戦。小雨のぱらつくあいにくの天気の中、毎回ランナーは出すものの、中盤まではなかなか点の入らない苦しい展開。
雨がやや強くなり始めた6回裏の攻撃で、フォアボールで出塁した3番辻君が盗塁、4番藤本君のヒットで1アウト1・3塁のチャンス。5番有山君のレフトフライの間にタッチアップで、1点を先制します。
さらに7回裏には8番上田君、9番坂本君がヒットで出塁、さらに2番西岡君が走者一掃の3ベースヒットを放ち3点差、3番辻君のヒットでさらに1点を追加し4-0。
守っては先発の小林君が、ランナーを許すものの要所で踏ん張り7回までを投げきりました。
その後は8回から登板した山口君が後続を抑え、見事勝利。20日の大阪教育大学との試合を残し、優勝を決めました。

全国大会出場は2年ぶり、14回目となります。
三木孝廣監督は試合後のインタビューで「全国大会では、勝ちは接戦、負ければ大敗の、厳しい試合になるはず。初戦の相手は西日本工業大学。これからデータを集めて、対策を考えます」と話しながらも、「今日一日は優勝の余韻にひたりたい」と、喜びを語りました。