ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-01-15 (日)
cl.both
全国都道府県対抗女子駅伝・奈良県代表に本学生出場
全国都道府県対抗女子駅伝・奈良県代表に本学生出場
全国都道府県対抗女子駅伝・奈良県代表に本学生出場
makican
全国都道府県対抗女子駅伝・奈良県代表に本学生出場
全国都道府県対抗女子駅伝・奈良県代表に本学生出場
makican

1月15日、冬の都大路を駆け抜ける『皇后盃第30回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会』の奈良県代表として、本学・女子陸上競技部の大塚英梨子さん(1回生)が6区、松浦真里菜さん(同)が7区に、それぞれ出場しました。

コースは西京極陸上競技場(京都市)を発着点に、国立京都国際会館前で折り返す9区間42.195キロです。大塚さんは38位で受け取った襷(たすき)を37位で渡し、松浦さんも1人を抜き36位でつなぎました。総合結果は昨年より大幅に順位を上げ、2時間22分34秒で33位でした。

終了後、大塚さんは「初めて都大路を走りました。プレッシャーもありましたが、皆さんの気持ちの込められた襷(たすき)を受け取って、全力で走りました」と試合を振り返りました。また、高校で競歩選手だった松浦さんは「初の全国大会で走り緊張しましたが、とても楽しかったです。大学生になって走ることが一段と楽しく、もっと強くなって来年も出場させていただけるよう頑張りたいです。いい経験ができて感謝しています」と笑顔で話していました。