ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-01-20 (金)
cl.both
餅つきで交流を深めました
餅つきで交流を深めました
餅つきで交流を深めました
makican
餅つきで交流を深めました
餅つきで交流を深めました
makican

1月20日、「奈良産業大学学友会」(吉本季丸会長・ビジネス学部2回生)主催の『学生交流餅つき大会』を、学生食堂前のテラスで開きました。木製の杵と臼を使って昔ながらにペッタンペッタンと餅をつき、留学生をはじめ学生や教職員らがつきたての餅をほおばりながら交流を深めました。

今回、吉本会長が留学生に日本の伝統を味わってもらいたいと発案したのを機に、教職員の協力を得て実現しました。杵と臼は学園内の他のキャンパスからお借りしたものです。蒸し上がった餅米を臼に移し白い蒸気に包まれながら、皆で餅つきを楽しみました。用意した餅米は2升5合の4臼分にもなりますが、あっという間になくなるほどの人気でした。

また、ケニアでの主食という「チャパティオ」を作って持ってきてくれた留学生もいて、和気あいあいとした雰囲気に包まれていました。吉本会長は「チラシやポスターを貼って参加を呼び掛けました。たくさんの人が集まってくれて、いい交流会になったと思います。今後もいろいろな企画ができたらと思います」と話していました。