ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-01-31 (火)
cl.both
情報学部の平成23年度卒業研究・卒業制作発表会を行いました
情報学部の平成23年度卒業研究・卒業制作発表会を行いました
情報学部の平成23年度卒業研究・卒業制作発表会を行いました
makican
情報学部の平成23年度卒業研究・卒業制作発表会を行いました
情報学部の平成23年度卒業研究・卒業制作発表会を行いました
makican

1月31日、情報学部で平成23年度の卒業研究発表会を行い、指導教員やゼミ生が聴講しました。
情報学部の研究発表は、学生生活の集大成を内外へ発信し、ゼミ間での情報やデータを共有し蓄積することを目的として、初めての実施となります。

杵崎ゼミ、福西ゼミ、亘ゼミ、多喜ゼミの学生12名が発表を行いました。
発表は、「在庫管理」「顧客管理」など、システムのプログラミングを中心としたものから、IllustratorやPhotoshop、Flashなどを使ったデザイン、コンビニをテーマとしたもの、東日本大震災のボランティア活動、またオリジナル音楽CD制作など多岐に渡って行われました。

杵崎ゼミの学生は"誰でも、便利に使える"ことを考えたシステムを作成することに焦点をあて、「テーマを決めることよりも形にする(プログラム)ことの方が難しかった」「エラーを修正するのが大変だった」と、卒業研究の感想を述べました。

最後に、向井厚志学部長は「事前準備をして人前で話すことの難しさを良い経験にして、ぜひ社会に出たときに活かしてほしい」と話し、「あと2ヶ月余りとなった学生生活を有意義に過ごしてください」と結びました。

2月2日も発表会を行い、各ゼミの研究成果を卒業制作パネルで紹介しました。