ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-03-25 (日)
cl.both
第25回卒業証書・学位記授与式を挙行しました
第25回卒業証書・学位記授与式を挙行しました
第25回卒業証書・学位記授与式を挙行しました
makican
第25回卒業証書・学位記授与式を挙行しました
第25回卒業証書・学位記授与式を挙行しました
makican

3月25日、第25回「卒業証書・学位記授与式」を挙行しました。ビジネス学部71人・経済学部1人・経営学部2人・法学部1人・情報学部40人の計115人に卒業証書・学位記が授与され、ビジネス学部の吉井雅司さんと情報学部の塩路彩奈さんが卒業生を代表して、藤原昇学長より卒業証書を受け取りました。

藤原学長が「大学を卒業することは人生で大きな節目です。皆さんの優れた個性と素晴らしい力を内に仕舞い込まず一歩踏み出して社会に役立て、大いに活躍されることを期待しています」と式辞を述べました。続いて、西川彭理事長は「社会の価値観が大きく変わろうとしている今、学んだ知識や情報をどのように活用していくのかが求められています。大学を卒業してからが本当の勉強です。世のため人のために尽くせる人間になってください」と新たな旅立ちを祝福しました。

卒業生を代表して、情報学部の青木実知代さんが大学生活の思い出を振り返りながら、「経験と知識を得て、友人や先生に出会えたことはかけがえのない財産であり、何事にも好奇心を持たなくては成長できないことを学びました。大学で培った知識と経験を生かし、屈強に成長を続けたいと思います」と答辞を述べました。

卒業生は来賓をはじめ保護者、友人、教職員らの温かな拍手に送られて会場を後にすると、学部ごとに一人ずつ卒業証書と学位記を受け取りました。

最後に、恒例の卒業記念パーティーを学生食堂のカトル・セゾンで開きました。ビンゴ大会で大いに盛り上がる中、卒業生たちはゼミ仲間や部活仲間、担当アドバイザーらと思い出を語り合い別れを名残惜しそうにしながら、学び舎を巣立っていきました。