ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-05-19 (土)
cl.both
少年宇宙教室「300年ぶりの天文ショー金環日食を見よう」を開きました
少年宇宙教室「300年ぶりの天文ショー金環日食を見よう」を開きました
少年宇宙教室「300年ぶりの天文ショー金環日食を見よう」を開きました
makican
少年宇宙教室「300年ぶりの天文ショー金環日食を見よう」を開きました
少年宇宙教室「300年ぶりの天文ショー金環日食を見よう」を開きました
makican

金環日食を間近に控えた5月19日の土曜日、少年宇宙教室~地球から見上げる宇宙~ 「300年ぶりの天文ショー 金環日食を見よう」を情報学部マルチメディア教室にて開きました。王寺町・三郷町の小学校と奈良学園小学校に通う親子を対象に、事前予約を募った40組112名にご参加いただきました。

まず、先生である情報学部の嶋田理博准教授が、作成した映像と丁寧な説明で「日食について」の授業を行いました。その後、有志の学生4名のサポートのもと、参加者は日食観測用のメガネを製作しました。日食メガネが出来上がると、集まった小学生たちは夢中になって太陽を観察していました。

三郷町から参加いただいた方は「親子で金環日食を見るため、今日は事前学習に来ました。」と話しておられました。また、講師を務めた嶋田准教授は「昨今、理科離れと言われていますが、宇宙をきっかけに新たな興味を持ってもらえる機会になれば嬉しいです」と語りました。

少年宇宙教室は8月にも2回の開催を予定しています。