ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-07-07 (土)
cl.both
王寺町り~べるカレッジを開きました
王寺町り~べるカレッジを開きました
王寺町り~べるカレッジを開きました
makican

恒例の王寺町り~べるカレッジを、JR王寺駅に隣接する王寺町地域交流センターで開きました。「科学の歴史」をテーマに本学副学長 情報学部の大原荘司教授が講師を務め、身近な例えを用いながら、科学及び科学を用いた技術の発展と社会、科学と人間との関係を分かりやすく話しました。

はじめに大原教授が「紙芝居を見ている気分で聞いてください」と聴講者に話しかけ、"核"や"核分裂"について、10人家族のところに他者が入ってきて窮屈になり、4人が出ていくことになるのがα崩壊で、2家族に分かれてしまうのが核分裂、など例えで説明。そして、「最初の原子炉から福島原発事故までの70年」「動電気の発見から最初の電球までの70年」「電球から最初の原子炉までの70年」「科学技術と社会」「CdZnTe半導体放射能測定器」について、時に笑いを取りながら話しました。

大原教授は、あれっ! と思った時にそれを見過ごさず追求した結果、科学の大発見をした歴史上の偉人たちを例に挙げ、「気づきはどの世界でも大事ですね。大発見をしたときのうれしさは素晴らしいものでしょうね。私は生まれる時期を間違えたのかも」と話すと皆、大爆笑。会場は終始、和やかな雰囲気に包まれていました。そして、聴講者からの熱心な質問に丁寧に答えて、終了しました。