ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-08-04 (土)
cl.both
第2回少年宇宙教室を開きました
第2回少年宇宙教室を開きました
第2回少年宇宙教室を開きました
makican
第2回少年宇宙教室を開きました
第2回少年宇宙教室を開きました
makican

毎年夏の恒例となった「少年宇宙教室」。子どもたちに科学の面白さを少しでも感じてもらいたいとスタートし、今年のテーマは「地球から見上げる宇宙(そら)」。第2回は「惑星はなぜ迷う? 惑星が逆向きに動くワケ」をテーマに、本学情報学部長の向井厚志教授が担当しました。

ポイントは地球と火星の動き方です。太陽を中心に回る惑星の公転軌道を考え、地球と火星について大きさ、重力、温度、太陽との距離などを確認。その後、惑星の逆行について考えました。向井教授は「星は同じ方向に動いているのに惑星には行ったり来たりするような奇妙な動き方をします。どうしてなのか、実験しましょう」と話し、手作りの模型を使って地球と火星の動きを調べました。

すると、火星が1周する間に地球が2周しました。地球から火星を見ると、地球が火星を追い越す時に火星の動きが逆向きに見えることが分かり、子どもたちは興味津々な様子で、楽しそうに模型を動かしていました。子どもたちの笑顔が見られる中、今回の教室を終了しました。