ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-09-01 (土)
cl.both
王寺町り~べるカレッジを行いました
王寺町り~べるカレッジを行いました
王寺町り~べるカレッジを行いました
makican
王寺町り~べるカレッジを行いました
王寺町り~べるカレッジを行いました
makican

王寺町り~べるカレッジを王寺町地域交流センターで開きました。

今回から「シリーズ3 地球と環境」がスタートし、本学情報学部の嶋田理博准教授が「宇宙の誕生と加速膨張」をテーマに、天文学の最新情報を講義しました。

講座内容は、まず、宇宙の距離を測定する方法として、地球の公転によって起こる年周視差を用いる方法と、セファイド変光星、Ia型超新星などの標準光源から距離を推定する方法を紹介しで、広大な宇宙の中で星までの距離を測る基本事項を説明しました。

次に、遠方の超新星の観測を通した宇宙の加速膨張の発見をし、2011年にノーベル物理学賞を受賞したパールムッター、シュミット、リースの三人の功績をあげ、宇宙は加速的に膨張していることが判明したことを話しました。

また、宇宙の全エネルギーを考えるにあたり、ダークマターという正体不明の物質があるとともに、ダークエネルギーという正体不明のエネルギーを考慮して、エネルギーの均衡がとれるという、まだ解明されていないところもあり、謎だらけの宇宙という表現で、これからの研究に期待するところが大きいことも説明しました。

今回の講義は大学生の教養レベルの内容でしたが、参加された方から「専門的な講義を聞ける機会がないので、このイベントを毎回楽しみにしています。」という嬉しい言葉をいただきました。

次回は、9月15日(土)に「もう一つの地球を探す」と題して、今回と同じく嶋田准教授が講義します。皆様のご参加をお待ちしています。