ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-09-15 (土)
cl.both
王寺町り~べるカレッジを行いました
王寺町り~べるカレッジを行いました
王寺町り~べるカレッジを行いました
makican

「地球と環境」をテーマにした「り~べるカレッジ シリーズ3」の第2回講義を行いました。

今回のテーマは「もう一つの地球を探す」、講師は本学情報学部の嶋田理博准教授です。
まず現在行われている惑星の観測方法として、「直接撮像」「食検出法」「視線速度法」の3つを紹介。これまで約800の惑星が発見されていること、特にデジタルカメラ、コンピュータの導入された近年は天文学の発展が目ざましいことなどを説明しました。
また、これまで考えられていた「京都モデル」と呼ばれる惑星系形成法では説明のつかない、「ホット・ジュピター」と呼ばれる惑星についても、解説がありました。

最後はいよいよ、生命の住める星についてです。
嶋田准教授はその条件について、中心となる恒星の表面温度や惑星と恒星の距離(ハビタブル・ゾーン)、惑星の軌道や重量などを上げました。
これらの条件を全て満たす惑星は、残念ながら未だ発見されていませんが、はくちょう座の「Kepler22」がそれに近く、またこの条件に当てはまらなくとも、生命誕生の可能性があることなどを説明しました。
参加者からは「難しい話だったが、わかりやすい説明でよかった。生命発見の可能性が充分あると感じた」などの感想が聞かれました。

次回の開催は10月6日(土)、「大地の動きと地球環境」について講義します。
皆様のご参加をお待ちしています。