ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-10-12 (金)
cl.both
榛生昇陽高等学校の体験授業を行いました
榛生昇陽高等学校の体験授業を行いました
榛生昇陽高等学校の体験授業を行いました
makican
榛生昇陽高等学校の体験授業を行いました
榛生昇陽高等学校の体験授業を行いました
makican

本学で、県立榛生昇陽高等学校=宇陀市榛原区=の普通科総合選択コース1年生の18人を迎えて、体験授業を行いました。

はじめに、門垣一敏情報学部教授が情報学部の「システムコース」と「メディアコース」それぞれのコースで行うプロジェクト演習の様子や授業内容などを紹介した後、日ごろ見慣れているテレビの番組制作のしくみについて「制作にはマルチカメラによるスィッチングと、ポストプロダクション(ポスプロ)といった後で編集する方法がある」と解説しました。

今回、生徒たちはポスプロのノンリニア編集という方法で、あらかじめ用意された本学の四季を撮影した映像を使用して、AdobePremiereProCS5ソフトで「ビデオ映像の編集」に挑戦。初めて使用するソフトに苦戦しながらも、映像をつないだり音楽や字幕スーパーを挿入したりして、楽しみながら自分だけのビデオ制作に取り組んでいました。

実習終了後は本学のスタジオを見学し、羽太広海講師の指導で、人の動きをデジタルで記録してアニメーションキャラクターの動きを再現するモーションキャプチャーを体験しました。体験した生徒は、自分のラジオ体操やムーンウォークの動きがそのままキャラクターの動きに反映されるのを見て、驚きながらもアニメの仕組みがわかったとうれしそうでした。

最後に、門垣教授は「この中から未来の名映画監督が生まれるかも...。今日の実習を経て、みなさんの将来の進路選択の一つとなればうれしいですね」と結び、体験授業を終えました。