ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2012-11-08 (木)
cl.both
EWAA 2012 で本学情報学部楊暁東君が受賞
EWAA 2012 で本学情報学部楊暁東君が受賞
EWAA 2012 で本学情報学部楊暁東君が受賞
makican
EWAA 2012 で本学情報学部楊暁東君が受賞
EWAA 2012 で本学情報学部楊暁東君が受賞
makican

東洋と西洋の芸術のリンクを目的とする国際的な芸術コンテストであるイースト・ウエスト・芸術大賞(EAST-WEST ART AWARD COMPETITION 2012)において、本学情報学部4年次生の楊暁東君がビデオ・アニメーション部門において最優秀学生賞に選ばれました。
楊暁東君は、情報学部でCGアニメーションを学んでおり、集大成として「Soul of Gray」というCGアニメーションを作成しました。この作品を応募した所、今回の受賞となりました。
最終選考に残った作品の展示および授賞式は、ロンドンのLa Galleriaにて行われ、楊君も参加いたしました。

楊君喜びの言葉
「この度、EWAA2012のファイナリストに選出され、学校の支援を得てロンドンでの授賞式に参加しました。ベストステューデント賞を頂けたことを光栄に思っております。とても嬉しいです。ゼミの羽太先生を始めとしてお世話になった方々に改めて深い感謝を申し上げたいと思います。
授賞式参加のため初めて訪問したロンドンは、街全体をアートが覆っていると感じました。色々な作品を見て、視野が広がり、人々の想像力に感心しました。英語をしっかり勉強したくなりました。今回得たものは、私にとってチャンスであり、私に課せられた挑戦でもあります。今後の歩む道にも全力でぶつかって行こうと思います。」

指導教員の羽太講師も「アイデア、絵コンテから始まり、モデリング、アニメーション、レンダリングと半年以上に渡る制作をコツコツ継続した。私の厳しいチェックも乗り越えクオリティーの高い作品に仕上げることができた。努力とセンスが評価されたのでは」と楊君のCGアニメーションに対する情熱を称えていました。

EWAA2012 http://www.ewaac.com/

楊君の作品はこちらのサイトでご覧いただけます。
http://www.ewaaward.com/ewaa2012_video/yangx2.html