ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2013-01-11 (金)
cl.both
餅つきで交流を深めました
餅つきで交流を深めました
餅つきで交流を深めました
makican
餅つきで交流を深めました
餅つきで交流を深めました
makican

本学の学生で運営している学友会(吉本季丸会長・ビジネス学部3回生)主催の「学生交流餅つき大会」が開催されました。
会場となった学生食堂前のテラスには、多くの学生をはじめ留学生や教職員が集まり、昔ながらの木臼と杵で餅つきを楽しみました。

この餅つき大会は、好評だった昨年に続いて2回目で、今年は9升のもち米が用意されました。吉本会長は、「留学生の皆さんには日本の文化に触れてほしい。また学生には日本文化を再認識してもらえたらと思います」と語り、その思いが教職員にも広がり、昨年以上に盛り上がりました。

集まった学生たちは、つき上がった餅を、きな粉やしょうゆ、餡など好き好きの食べ方で味わい、教職員が用意した豚汁コーナーにも長蛇の列ができました。

この日、杵を奮った留学生のラン・センメイさん(ビジネス学部3回生)は、「中国では餅つきをしないので楽しいです」と話し、他にも「先生たちと一緒に餅をついたり、豚汁を振る舞ってくださることで、今までよりもうんと距離が縮まった気がしました。うれしいです」と話す学生の姿が見られ、学内での交流を深めていました。