ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2013-02-05 (火)
cl.both
奈良朱雀高校の生徒を迎えて高大連携実習を行いました
奈良朱雀高校の生徒を迎えて高大連携実習を行いました
奈良朱雀高校の生徒を迎えて高大連携実習を行いました
makican
奈良朱雀高校の生徒を迎えて高大連携実習を行いました
奈良朱雀高校の生徒を迎えて高大連携実習を行いました
makican

奈良県立奈良朱雀高校(奈良市)の情報工学科1年生33人を迎えて、高大連携実習を行いました。

開講式では、向井厚志情報学部長が「情報系の世界へ足を踏み入れたばかりの皆さんにとって、今日一日楽しみながら本学での経験を新しい夢や進路を見つけるきっかけにしてほしい」と挨拶しました。

実習は、米川雅士専任講師による「パソコンの組立と設定」、片岡英己専任講師による「3次元CG」、門垣一敏教授と山田尚教授による「ビデオ撮影と映像編集」の3コースに分かれて、教員の指導と学生アシスタントのアドバイスを受けながら行われました。

「パソコンの組立と設定」のコースでは、一度パソコンを分解し、再度組み立ててOSをインストールしたり、テキストエディタを使って簡単なホームページを作成したりしました。生徒たちは、初めての経験に試行錯誤しながら取り組んでいました。

また、「3次元CG」のコースではMetasequoia(3DCGソフト)を使用して、ゲームのキャラクター制作に挑戦しました。「ビデオ撮影と映像編集」のコースでは、3つの班に分かれて構内で自由に撮影し、撮影した映像や音声を編集しオリジナル作品を制作しました。

参加した生徒は、「3DCGは特別なものだと思っていたけれど、意外とどんどん立体的に作れるのでとても楽しかった。もっと複雑な作品を作ってみたい」と感想を話し、この実習がとても有意義なものとなったようでした。