ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2013-06-13 (木)
cl.both
カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会を開催します
カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会を開催します
カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会を開催します
makican
地雷除去中のアキ・ラ氏
除去された地雷
makican
カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会を開催します
カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会を開催します
makican
CSHDのメンバーと
アキ・ラ氏
makican

奈良産業大学では、下記の通り、カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会を開催します。

行事名:カンボジア地雷博物館館長アキ・ラ氏講演会
日時:平成25年6月20日(木)15:00~16:30
場所:奈良産業大学 201教室(1号館2階)
講演者:アキ・ラ氏 (カンボジア地雷博物館館長、CSHD[Cambodian Self Help Deminning]代表)
ウィリアム・モース氏(LMRF[Landmine Relief Fund]代表)
セインさん (地雷被災者)

聴講は無料ですが、席数に限りがございますので、事前にご連絡をお願いいたします。
お問合せ先:奈良産業大学 国際交流センター 北島
電話 0745-73-6693  ファクス 0745-73-6878
Eメール nsu-kokusai@nara-su.ac.jp

 アキ・ラ氏はポル・ポト政権下のカンボジアで少年時代を過ごし、両親を殺され、なおかつ自身はポル・ポト軍の少年兵となりました。その後、ベトナム軍にとらわれ、ベトナム軍兵士としてかつて所属したポル・ポト軍と戦うことになります。その後、国連平和維持軍に属しました。
 彼は、ポル・ポト軍時代に多くの地雷を兵士として埋めましたが、内戦終結後、その被害を目の当たりにし、自責の念より自身の地雷埋設の技術を使い、地雷の除去活動を個人で開始しました。アキ・ラ氏は、シエムリアップ郊外で地雷博物館を創設し、除去した地雷を安全化し展示することで地雷被害の深刻さを世界に向かって発信しています。
 彼は、また地雷被害にあって手足を失った子供たちを地雷博物館に併設された養育施設で育てています。

 奈良産業大学は、2006年より国際交流の一環としてカンボジアでの交流活動を進めてきました。ほぼ毎年、カンボジア研修に学生を派遣しております。今年に2月の研修で学生たちは、初めて地雷博物館を訪問し、地雷被害の深刻さを理解しました。