ニュース&トピックス

  • HOME
  • ニュース&トピックス
ニュース&トピックス
◇2013-07-16 (火)
cl.both
夏季短期研修の開講式を行いました
夏季短期研修の開講式を行いました
夏季短期研修の開講式を行いました
makican
夏季短期研修の開講式を行いました
夏季短期研修の開講式を行いました
makican

平成25年度「奈良産業大学 夏季短期研修」の開講式を行いました。

今回、短期研修生として迎えた学生は、香城市大学専上学院(香港)、屏東科技大学(台湾)、青島理工大学琴島学院(中国)、黒竜江東方学院(中国)、カンボジア・メコン大学(カンボジア)、スィーパトゥム大学(タイ)の6大学計52人です。本日から約1ヶ月間、本学のオリジナルカリキュラムに沿い、日本語研修をはじめ奈良・大阪・京都の見学、ホームステイなど様々なプログラムを通じて日本を学びます。

開講式では、副学長の西口清治教授が「今はインターネットで様々なことを調べられますが、来日し実体験することで知ることも多いはずです。町の匂いや空気、人を、いろいろな場所に行って感じてください。母国との違いを知ることで、より母国を理解できると思います。奈良産業大学はみなさんを歓迎します」と挨拶しました。

続いて、国際交流センター長の山田尚教授が「3つのお願いがあります。1つ目は、日本語をより上達して帰ってください。2つ目に、授業以外の場でも日本人の学生や他国の短期研修生との交流を深めてください。最後に、日本の夏は暑いので健康に留意し無理をせずに有意義に過ごしてください」とエールを送りました。

式の最後に、研修生を代表して各大学の代表学生が一人ずつ挨拶し、「短期研修は日本を知るチャンスです」「初めて日本に来て緊張していますが、日本語を勉強し日本を知りたいです。頑張ります」など意気込みを語りました。

式終了後、学生食堂で歓迎会を行い、本学の日本人学生も一緒に短期研修生と会話を楽しみ、交流を深めました。