<野球部>全日本大学野球選手権大会 対中央学院大
6月11日 対中央学院大学
<写真>
<写真> <写真>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
R
H
E
中央学院大
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
4
1
奈良産大
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
8
1
投手  
中央学院大学 : 蕭 一傑(Syo Ikketu)
奈良産業大学 : 成田

一回戦中央学院大学は蕭投手が13回完封。175球を投げ、許した安打はわずか4本で、12奪三振の力投を見せた。
試合を決めたのは13回裏、上田選手が3ベースヒットを打ち、北山選手のサヨナラ勝ちで二回戦進出を決めた。

6月12日 対東北福祉大学
<写真>
<写真> <写真>
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
R
H
E
奈良産大
0
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
1
8
0
東北福祉大
0
1
0
0
0
0
0
0
0
0
2
6
0
投手  
奈良産業大学 : 蕭 一傑(Syo Ikketu)
東北福祉大 : 桑鶴、森山 

二回戦東北福祉大学戦は蕭選手が連続で投げるが、2回裏で連打を浴び1点を先制される。
しかし7回に西本選手の2ベースヒットから代打で登場した辻選手がセンター前に
ヒットを打ち、同点とする。
その後は投手戦となり2日続けての延長戦。11回までは0点に抑えるが11回裏でサヨナラ負けをした。

第57回全日本大学野球選手権大会において、本学野球部は残念ながら2回戦敗退となりました。
しかし、蕭投手は今大会331球を投げ、23回2/3を10安打2失点。
プロも注目する投手となった蕭選手は、今大会特別賞として表彰を受けました。

皆様からのたくさんの暖かいご声援を承ることができ、
野球部、関係者一同心より厚く御礼を申し上げます。

ウィンドウを閉じる