教育の特色

キャリア教育

社会で役立つ人材の育成

本学が教育理念として掲げる実務能力を持った人間を創るプロセスとしてのキャリア教育を実践。

本学キャリア教育の特徴
4年間を通じたトータルサポート体制

大学生活を8つのセメスターに分け各セメスター毎に達成目標を設定

全学生の目標達成のために、教職員が講義、就職ガイダンス、個人面談等で完全サポート
キャリア教育1 キャリア教育2

※本学のキャリア教育は「内定先獲得」のための教育ではなく、「社会に出て周りの人にプラスアルファを提供出来る人材」になるために行っています。
※キャリア教育の流れ
入学式での講演に始まり、一泊二日のオリエンテーション合宿で仲間と共に将来について語り合い、充実した学生生活を送るためのサポートとして導入教育期間に、学生生活での目標設定を行います。その後、各セメスターにキャリア関係講義(2単位)を実施し、「社会に出て周りの人にプラスアルファを提供出来る人材」を目指すための知識を学と共に、グループワークを通じてスキルを高めていきます。
講義に加え、3年次には就職担当が、就職活動をスムーズに行うためのノウハウ満載のガイダンスを実施するとともに、3年次生全員に対し個人面談を行い各自の就職活動スケジュールを作成します。その後、就職内定まで個別相談を続け、学生の就職活動を完全にサポートしています。