西岡茂樹プロフィール

西岡茂樹の写真

 

合唱指揮者。1955年2月10日生。

高校時代から合唱と指揮を始め、その後、作曲家の三善晃氏、高田三郎氏、柴田南雄氏、さらに合唱指揮者の田中信昭氏、須賀敬一氏との出会いと師事により、合唱観と活動軸を形成してきた。

指揮活動の最大の関心は、『世界に誇ることができる日本固有の合唱芸術の創造』にあり、主として現代日本の創作家の意欲的な作品をとりあげ続けている。これまでに、三善晃「伝説」・「詩の歌(女声篇)」、高田三郎「青森の子守歌・山形の子守歌」、一柳慧「未来へ」、池辺晋一郎「海の墓標」、伊藤康英「あなたをあきらめない」、鈴木英明「銀の矢ふれふれ〜縄文讃歌〜」、千原英喜「永訣の朝」、寺嶋陸也「見えない糸」「こおろぎは歌う」、徳山美奈子「生きてるってなんだろう」、新実徳英「宇宙になる」、信長貴富「ゆずり葉の木の下で」、萩京子「地図にない川」「ファーブルさん」「亡命地からの手紙・道しるべ」「はっぱとりんかく」、山岸徹「大阪のわらべうた」、矢田部宏「生命」などを委嘱初演している。

また近年、『大人と子供が共に歌い合う合唱』にも注力しており、2003年には、大阪府合唱連盟の委嘱による三善晃作詩・作曲「葉っぱのフレディ」をプロデュースし、ジュニア170名、大人400名の合同合唱団で初演している。 他にも、松下耕「おわりのない海」(大人と子供版)、萩恭子「きこえてくる」、寺嶋陸也「沖縄のスケッチ」(大人と子供版)なども誕生させている。

さらに、柴田南雄氏のシアターピース群、高橋悠治氏の異色作、尾上和彦氏の「ひろしまレクイエム」、邦楽器とのコラボレーションなどにも精力的に取り組んでいる。

現在、豊中混声合唱団、豊中少年少女合唱団、豊中ユース合唱団、女声合唱団あい、女声合唱団Stella、関西大学グリークラブ等で指揮を務める他、大学や一般合唱団への客演も多く、幼稚園から熟年までの幅広い年齢層をカバーしている。

平成20年度 周南市文化振興賞(山口県)受賞

関西合唱連盟理事、大阪府合唱連盟副理事長、日本合唱指揮者協会関西支部委員、合唱人集団「音楽樹」会員、奈良産業大学教授。