情報処理教育センターを活用しよう!

 

1.情報処理教育センターとは何か?

 

情報処理教育センターには、パソコンが約200台設置されています。ワープロや表計算、プログラミング、画像処理など、さまざまな用途に使うことができます。

またすべてのパソコンはインターネットやキャンパスネットワークと接続されています。これらのネットワークを使って、先生や友人との電子メール交換、世界中の企業や大学などのホームページの表示などが可能です。

 


 

 

2.どこにあるの?

 

 図書館の裏手にあります。情報処理教育センターは6号館とも呼ばれます。2階に事務室があります。何かわからないことがあれば、いつでも窓口までどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


3.「経営」と「情報」は車の両輪

 

 ビジネスの世界ではパソコンやインターネットによる情報処理は、今やあたりまえ。つまり「経営」と「情報」は車の両輪なのです。「僕は将来、営業マンになるからインターネットは出来なくていい」とか「私は接客の仕事をめざすからパソコンはできなくていい」なんていうのは大間違い! どんな職業をめざすにせよ、情報処理の知識と技能は不可欠です。だから…… 情報処理教育センターを徹底的に活用しましょう。

 

 

 

 

 


4.どんどん使おう!

 

 奈良産業大学に入学した学生は、誰でも情報処理教育センターの設備を使うことができます。

 パソコンの使い方がわからない人も心配ご無用。経営学部では、1回生のクラス毎に「コンピュータ演習T・U」という科目が開講されていますので、是非(必ずだよ)、受講してください。それ以外にも情報処理教育センターで実習をする講義はたくさんあります。

 また、これらの設備は、講義やゼミの時間のみならず、昼休みや放課後などにも自習のために使うことができます。ただし自習する時には、必ずセンター2階の事務室で自習利用の手続きをしてくださいね。

現在のところ、使用可能時間帯は次のとおりです。

 

曜日

利用時間

月〜金

8:30〜18:00

8:30〜13:00

 

5.ルールは守ろう!

 

 センターのパソコンやインターネットは、奈良産業大学の全学生、教職員の共有財産です。ですから皆が快適に使えるよう、一定のルールを定めています。当然ながら、これらを守らない人は利用許可を取り消されます。(自業自得と言います)

 

    1階の入り口のマットで靴の泥などをよく拭いて入る

    1階のロビー以外では、飲食、喫煙は禁止(トイレもだよ)

    印刷は必要最低限にする(森林資源を大切にしよう)

    パソコンの設定を勝手に変えない(マニアは自分のパソコンでやるべし)

    来たときよりも、きれいにして帰る、などの基本的エチケット

以上、よろしく